RSS Feed

便秘を治す朝の習慣やおすすめストレッチや体操

今話題の腸内フローラと便秘の関係性

2016年11月2日

腸内細菌のあれこれ

私たちのお腹の中には、細菌が何種類ぐらいいると思いますか?諸説ありますが、ある説によると正解は1万種類以上です。

そして、これらの腸内細菌は生理機能や神経系といっしょに、私たちの体を働かしてくれます。体全体をコントロールしているといっても過言ではありません。

腸内細菌を全部集めると。2㎏弱ほどの量があります。そして、便の半分が不要になった腸内細菌でできています。

今話題の腸内フローラとは

腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?乳酸菌飲料のCMで、最近よく聞くと思います。この腸内フローラとは小腸や大腸での微生物の集合体をさします。腸内にいる細菌たちは、仲間同士でくっついて並んでいます。

その様子はまるでお花畑のようです。したがって、腸内“フローラ(英flora:お花畑)”と名付けられました。

体内にある微生物の集合体マイクロバイオームは、乳幼児期の環境や経験の差にあります。

マイクロバイオームのなかでも、小腸や大腸のマイクロバイオームを、腸内フローラといいます。つまり、腸内フローラも乳幼児期の環境や経験が大きく関与しているのです。

腸内フローラは便秘解消にも一躍を買っている

腸内フローラは栄養分の消化と吸収を助けるため、便秘とも密接な関係があります。腸内フローラを形成している腸内細菌は、大きく善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けられます。これらの3つはバランスよく体内にいることが大切です。

そして、腸内細菌は食べ物を分解してくれます。例えば、野菜に含まれるセルロースを、私たちは自力では分解できませんが、腸内細菌はセルロースを分解できます。

腸内フローラは細菌なので、いわゆるよそ者です。しかし、心臓や肝臓などの臓器と同じくらいの働きをしていることがわかります。

その他にも、解毒作用もあり第2の肝臓ともいわれている腸内フローラ。今後も注目されること間違いありません。

あわせて読みたいページ:コンビニや外食のご飯でも便秘解消する方法

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.